がんを生きる:/46 死をみつめる/下 闘病に寄り添い、学び伝え /大阪

がんを生きる:/46 死をみつめる/下 闘病に寄り添い、学び伝え /大阪

それは「理解と共感」の人材育成を目的とします。
「悲しげに深く存在する人の状況は理解されます、そして、人のベストはそれを支持してください。」 「関西学院(兵庫県の西宮市)の先進部分を教える「復活祭のセレモニー会社」(同じ都市)が仕事の内容と態度について説明していた葬儀屋のnozo小林の社長。」
tanohaganでtsumaerikoを招待して、なくした国民家族の教師とHaruhiko Furuta(52)。 質問は先進部分とまた、人々を住ませる関西学院大学の3年生と約30参加の小林社長から来ています。「それは仕事で死にました、そして、反対の姿勢は整然としていました。 あなたが死ぬことができるようにそれを準備することによって、いつが重要であるかと思います。 」それに答えました。 先進部分の3年のChuuisamu(17)「2年前に12月に死んだ祖父は、思い出されています。 あなたが、死が身近であるとどのように感じるかが、重要であり、しっかり思いたいと思います。 」それは話しました。
さん/さん Furutaは4月、96年から1週間と25分間「人権コース」という二度に関するプログラムの告発になりました。 「人権尊重の基礎に関して人生を評価してください。 出発点と最後のポイントが考えられる機会で」癌は考え矢尻の恵理子によって見つけられました。 学生が4年間残りの病気に対する戦いの近くにあらゆる場合に描いている間、考えているように言われましたが、より系統的に学びながら減少したがっていると思われました。
恵理子が死んだ後に、突き抜けました、そして、5月(’00フィート)に動かされている間苦痛で、苦痛な経験を重要な経験に変えたがっていたという願望に学びました。 それは死にました、そして、人生と共にぐるりと巻きつくという問題について考えた社会に参加しました。 9月4日?に01年間いとまごいをしている間、気にかけながら自己になったなら、それは振り向きます、関西学院大学と上智大学(東京)で「死生研究」を学んで、合衆国ホスピスを訪問して。 それは1月(’02フィート)の1年生の現代社会と3年生の選択科目までに人の経験を利用します。
クラスによって始められた「死」は、癌であるだけではありません。 出来事、事故、および自然災害で予測できないように死、交通事故、およびいじめで行われた自殺のなどは、避けられるかもしれません… 自己の「最初の人の死」が「第三者の死」から始められるなじみのない人の死。 それが病気であるので、その癌が取る可能性をもっている皆である、私取ること。 , 経験は話されるかもしれません。 様々の形「死」という一般的な特徴が監視された「死」であり、才能でだれを連れて来るかが共感できるということであることは、悲しみで苦痛な状態で分かる目標です。
相談はさん/さんに携帯メールなどで学生から時々来ます。 Furuta。 それは投げられた質問ですが、正解は考えを一緒に覚えておきます。 答えは家族が癌から苦しむ学生から来ました、「この出来事を受け入れて、他のものを理解していた男性になりたがっていました」と言って。

これまでクラスのため使用された教材は、今春に本にまとめられました。 「言われた物があるのは、素晴らしいに違いありません。 変化しませんが、すぐに考えているのをやめないでください。 」。私はライフワークとして高校生と話すつもりです。 【千春をshibueします】

-

教材を集める本は、「デス・エデュケーション開発注意」です。 「問い合せは清水の研究(03・5213・7151)です。」
==============

意見と普及: 毎日新聞大阪支店(06・6346・8444をファックスで送っていて、 at‐osaka@mbx.mainichi.co.jp にメールする)に。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


骨肉腫と闘う:/10 吐き気止めの薬は酒飲みに効く=社会部・佐々木雅彦 /大阪 »
« <30>肥満 大腸がん発症に関係2009年9月29日