<30>肥満 大腸がん発症に関係2009年9月29日

<30>肥満 大腸がん発症に関係2009年9月29日

健康的に生きたいと思います。 「私は、多くの人々が最も望まれていると思います。」 人の死亡オーダーの原因に従って、それは見られます、そして、悪性新生物(多くが癌である)と2位は精神病です、そして、(2,014年)の間、厚生労働省の統計によると、3位は1位において脳血管疾患です。 肥満は生活習慣病の原因として重要でした、そして、それはメタボリック症候群の早期発見を目的としました、そして、高血圧や糖尿病患者などのライフスタイル病は精神病と脳血管疾患に関連が深かったのですが、特定の健康診断は去年の4月に始まりました。
ここで、それは1位の癌について考えます。 それは肺癌です、胃癌(肝臓癌)はほとんどの同数です、癌の死因に従って女性で部分、および大腸癌、胃癌、肺癌、および乳癌の注文を見るときの男性の大腸癌の注文。 重要な問題は、大腸癌が毎年のこれを上がる右の肩に増加する傾向にあるということです。 最近、肥満があるとき、大腸癌にかかるという危険が少し上るのが理解されます。 そのうえ、あったのは、沖縄県でその領域でそんなに糖尿病の癌における大部分が私たちが持っていた調査でそれがあったどの大腸癌を発症したかで行われた結果でした。
残念なことに、現在、沖縄は男性と女性の両方の日本の先端の肥満県です。 私たちが説明したように、肥満は精神病と脳血管疾患だけではなく、癌にも関連します。 それは将来、肥満人口増加で大腸癌の増加を心配するでしょう。
診察とドックなどが相談されるので、段階で兆候なしで早期発見を覚えておくのは、重要です。大腸癌死亡を減少させる医師。 沖縄県の癌の診察受診率に関して、それが忙しく、不安に置かれるかもしれない、徹底的な検査があまりに遅く20%だけのレベルがあって、異常がさらに、見つけられて、必要であって、状況で診断されている現状は問題になります。
それが初期の癌であればおよそある夜の滞在の入院で内視鏡治療で初期段階の癌で容易に発見して、回復するのは大腸癌が頻繁です。 日本は、内視鏡先進国として知られていて、高品質な内視鏡検査を受けることができます。 私は、幸運な事柄をたいへん使用して欲しいと思います。 それは、再び多忙な生活と自らでうっかり延期される健康を見て欲しいことを願っています。
(ユタカのミyamaryousakuと那覇市立病院)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:/46 死をみつめる/下 闘病に寄り添い、学び伝え /大阪 »
« 骨髄移植:ドナー登録者急増 35位から22位に昇格 /栃木