骨髄移植:ドナー登録者急増 35位から22位に昇格 /栃木

骨髄移植:ドナー登録者急増 35位から22位に昇格 /栃木

1000人の全国平均過剰の人々あたり5.80%
県の骨髄移植のドナー登録は急速に増加します。 ドナーを登録できる物の年令の1000人単位で要約する登録者の比率が初めて全国平均を超えているのが理解されて、オーダーは、35位(会計年度末2007)から「それに会うと、骨髄が盛り土するtochigiは明らかにされる」(2人のyoroko(清)新しい代表)を市民団体に一緒に、持って来るのから22番目にまた、入賞する(今年の8月に、終わる)ために促進されました。【Hiroshi小野銭】

- バスは様々な場所、説明、並んで登録協会が寄付する献血のおよび行くのに動かされます。それが健康な18をもっている54歳の男女として言われている、 それ、およびこれらの約95万1000の人の年齢層、存在がドナーが登録できる県にあるこのミーティング。 他方では、県の登録は5512人(今年の8月に、終わる)です、そして、物の人口の1000年の比率は5.80%なります。 全国平均は、初めて、全国平均を5.72%上回っていました。 また、年度の22番目がある2007が入賞する35位からのそれぞれの管理部門バラの注文。
そのうえ、それは言われています。今年4月から8月までの県の登録は696人です、そして、増加率は1位の14.45%全国を通じてなります。
yoroko代表が言う、「役割、並んで行く献血では、ドナー登録協会は」 大物が増加させる多くです。 ドナー登録はされたミーティングのメンバーが日本赤十字社の献血バスができるので、県の様々な地域に動くのを知っているバスを伴います。 献血を訪問した人に骨髄バンクと骨髄移植について説明することによって協定を得るなら、日赤の協力のもとドナーを登録します。
100回は昨年、超えられていました(ドナー登録協会:)。感謝するという「素直に私たちの話を聞く多くの暖かい人々がいます、そして、アウトラインは人々のために栃木では、’また、役に立つようになりたいと思うこと’が一致しています。」yoroko代表しているWe願望。
宇都宮都市と商業施設の「宇都宮勧業博覧会パビリオンマロニエ広場」によってドナー登録協会が行われる予定である、「楽しさ、この田、」 10月4日に。 問い合せはyoroko代表しています(0285・45・6568)。
==============

- 登録の数対ドナー登録目的(物の1000人あたりの)の時代の比率*

管理部門が比率(%)(人)と命名するオーダーの総登録

1Okinawa15.30 10281

2Fukushima12.65 11748

3Kyoto10.81 13481

21 山梨5.85 2329

22 栃木5.80 5512

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


<30>肥満 大腸がん発症に関係2009年9月29日 »
« iPS細胞でがん研究