iPS細胞でがん研究

iPS細胞でがん研究

新しい万能細胞「iPS細胞」について研究する様々な組織癌にそれを使用するために、それは成長できました、「それがiPS細胞を使用した癌の研究に関して落ち着くことによってどれを考えたかに関して、会っ」て。山中いいえ**などのように6人は京都大きいです。溝のnokyouを開発した教授が、教授(病理学と腫瘍研究)とiPS細胞をottojuntendoudaiします。 ..造設立したい、メンバーによって設立されました。
iPS細胞が再生医療に使用するだけではなく、研究と御馳走の癌と代表にも使用されていないなら、溝分野教授は設立を発想しなければなりません。 そのうえ、理化学研究所の研究者はメンバーです、そして、社会などは定期的に保持されます。 溝分野教授「また、iPS細胞と癌細胞には、一般的なキャラクタがあります。 新しい局面のそばで研究に取り組むには時間がかかりたいと思います。 」それはそれを作ります。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


骨髄移植:ドナー登録者急増 35位から22位に昇格 /栃木 »
« 河村・名古屋市長:がん施設建設凍結方針 市議会で異論 /愛知