河村・名古屋市長:がん施設建設凍結方針 市議会で異論 /愛知

河村・名古屋市長:がん施設建設凍結方針 市議会で異論 /愛知

名古屋の司教座聖堂参事会員の財政的な福祉委員会が28日に行われました、そして、複合施設の凍てつくように寒い「陽子線癌の治療施設」のtakashiの河村市長は委員会から宣言までの「北の21のすばらしいqualitys城の人生」(名古屋市の北区)を異論に噴出しました。 市長では、そこの河村が図面の考えが11月の終わりの結論、それが難しいということであるという宣言、および以前ビジネスの後に凍って存在する意見のような町民会に18番目をつかむところで1年間それを保証する今月は700人への施設の採算ラインになります。
Yoshiro(自民)の市議会議員の渡辺「それによって、議員としてのローカルでそれがわかりました。 私は本当にそれを止めてもよいですか?」そのうえ、sono**が民主的である、)、それからそれを指す、議員、(「それを致命的に容易に凍っている間、それについて決めるのを理解できません」。 「e都市。」 局のヒロユキと健康な長谷川の福祉ディレクター: これに。 1番目はローカルに関する説明を整理するのが必要であるということでした。市長の会議で人工の公聴会を凍らせて、..presentの詳細18番目、およびその結果私は見ます。「それ、」A苦痛な心は除かれました。
設備。面があってください。制限します。言ってください。疑います。声に出します。外。他方では。採算ライン。我慢強い。予想します。都市。写像します。答えてください。局。ディレクター。来てください。しかし。可能。午後9時。それを調べてください。午後5時。難しい。【Susumu丸山と岡崎大輔】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


iPS細胞でがん研究 »
« CT検診で死亡減らせる 肺がんで30年のデータ解析 単純エックス線と比較