CT検診で死亡減らせる 肺がんで30年のデータ解析 単純エックス線と比較

CT検診で死亡減らせる 肺がんで30年のデータ解析 単純エックス線と比較

最近、Xによる肺癌がひらめくなら、低投与量(コンピュータ断層撮影法装置)のCTはヘビー・スモーカー(胸の簡単で、エックス線の点検より癌の死因を減少させるのが発表された研究結果)がないかどうか調べられました。購読診察組織に関するデータ30年間以上続いた「肺癌の東京から除くために、会う」(事務局の東京防止薬のクラブで)は、分析されました。 CT診察の死亡率減少に関する科学的評価は定まって、「診察の居住しているなどの測定タイプ診察にそれを使用するのが、必要である」ということ的ではありませんが、分析を引き受けた研究者は、魅力的です。
- 1年あたり二度
およそ肺癌の防止を禁煙などの最初の1と二次診察に分割します。一般に、簡単さを持っている人と診察が早期発見と処理への繋がりの死を減少させることができるように絵、ヘビー・スモーカー、および血だらけのたんを撮る胸のX光線にたんの顕微鏡検査を加える診察をします。
国立がんセンターの中央の病院のディレクターの金子正裕は、無くなっているミーティングのメンバーで「(初期の癌) 潜在癌は簡単なX光線(骨と心臓などへの)で理解されます、そして、また、軽いイメージは反射する」と説明します。- 早いこと、精度
簡単なXの時代に診察を受けた合計で2万6000人に関するCT序論以来Takeshi Iinumaが発表した放射線医学総合研究所の光栄に思っている研究者が、日本の癌の診察のときにメンバーで約1万8000人を合計で04年まで比較するという結果と初めに9月の診断クラブをひらめかせます。
診察で肺癌を見つけた後に、5年以内に死んだ人のレートは2回以上簡単で、エックス線の点検を受けた群衆が、49%でしたが、2回以上CTを受けた群衆で26%でした。
CTの群衆では、実際死亡レートは病期(ステージ)に従って肺癌の生存率から推定された死亡率の下まで下がります、そして、診察が繰り返して広まるなら肺癌死を大いに減少させる可能性があると思われます。
厚生労働省はグループについて研究します: 低投与量に従った肺癌診察に関して、CTは紙を国内外の研究に基礎づけました。 「死亡率減少の効果で存在を判断する証拠は不十分です。 手段が診察をタイプするとき、それは推薦されません。 」それはそれを評価します。
この分析には、また、診察実行の時間が研究精度において異なったなどであるので、限界がありますが「診察技術が有効性が別の1つであると立証されたとき、広まって、撮影時点でリサーチ法でとても遠くなるかもしれないので、急速の時間は進歩をします。 精度と早いことに伴う方法が必要です。 」さん/さん また、Iinuma*肺気腫は慢性閉塞性肺疾患(COPD)の大部分を専念させる肺気腫の早期発見などでさえ肺癌のCT診察に注意を向けることができます。 環境より黒っぽい「肺気腫変化」はしばしば見られます、そして、危険を警告すると言って、無くなっているミーティングにおける診断を担当するEisuke松井医師によると、それが肺機能検査で肺気腫と診断される前に、段階でもCTのイメージで禁煙を誘導できます。
CT診察の最大化問題は精度管理です。 画像診断法などを担当して人の経験でレベルの違いを減少させるために , また、診断支援システムと一定のレベルにコンピュータで存在する医師を訓練して、見分けるシステムは、作動しています。 どこで肺癌を片づけるミーティングの接触を作るかがあります。東京。 2175 (共同通信社etouはtaします。)03(3269)に電話をしてください。 (2009/09/29).

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


河村・名古屋市長:がん施設建設凍結方針 市議会で異論 /愛知 »
« Dr.中川のがんから死生をみつめる:/25 切れ目ない対策を