Dr.中川のがんから死生をみつめる:/25 切れ目ない対策を

Dr.中川のがんから死生をみつめる:/25 切れ目ない対策を

民主党は国家のアイラインについても測定を解決しますが、政策への旧政権の批評は顕著です。 確かに、問題ではなく、必ず力が全く癌の医療の分野にありました。 国が提供した「がん対策販売促進基礎プラン」の3本の柱が、パリアティブ・ケアと、放射線治療、化学療法、および初期段階の販売促進で癌登録です。 しかしながら、がん対策への不可欠の癌登録は「癌に関して科学的データを蓄積して、次世代にそれを使用しましょう」。また、古い政府与党における意見の不一致であり、進められません。
他方では、基本的なプランの目標である「癌死亡率2ひび減少」を実現する最重要課題の1つとして「癌の診察の拡大」の場所を見つけたのは、たいへんはっきり感知できます。 乳癌と子宮頸(Kei)癌の診察に関して公明党の女性議員を含む多くの努力で自由なバウチャーの分配について物の年令の人に決めたのは、特に、画期的でした。
セットアップされて、癌で死なないので、2時までに「’癌にかからないライフスタイル’の後に、禁煙などが覚えておかれるように、癌の診察は受け取られている」という「防止+癌の診察」ステップは重要です。 2ステップによるこの姿勢は学校で欧米で教育されますが、日本は遅れています。 子宮子宮癌と乳癌の診察受診率は欧米で80パーセントに上がりますが、日本は20パーセントに残っています。
兆候が癌の場合に消えるとき、それを言うことができます。進歩癌。 初期段階にそれを発見するために兆候が全くないとき、定期的に癌の診察を受ける以外に、何もありません。 一言で言えば、進歩癌のため発見された比率が新たに日本の癌と診断された患者の中で高いと思われます。 静まった癌を伴う死はまだ欧米における日本で増加しました。 診察受診率の低度はこの原因として上げられます。
自由なバウチャーによる相談速度向上につながるブレークスルーになって欲しいという考えですが、財源は本年度の補正予算です。 政権が当惑するように補正予算の「非-実行」を凍らせる政策と共に来て、そこで思える民主党とバウチャーが分配されている見地でも市区の町と村での混乱。
がん対策は政権交代にかかわらず重要です。 くぎりのないがん対策は予想されます。 (Keiichi中川、東京の大きい付属病院、および緩和剤の准教授は診療ディレクターについて気にかけます)

==============

- 拒否
次の「医療」は10月7日です。 それは10月に水曜日に毎週、発行されます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


CT検診で死亡減らせる 肺がんで30年のデータ解析 単純エックス線と比較 »
« 子宮頸がんワクチンGardasil 男性のHPV感染症予防で承認勧告