子宮頸がんワクチンGardasil 男性のHPV感染症予防で承認勧告

子宮頸がんワクチンGardasil 男性のHPV感染症予防で承認勧告

米国のメルク(Ga-dashiru)の子宮頚の癌ワクチンGardasilはポイントKei konjiro-maの調整におけるFDAのワクチンと関連する生物製剤諮問委員会(VRBPAC)からの中の防止が9若者から26年ものであるという承認の推薦を取得しました。 有効性に関して、7:0(節制1)と安全は7:1の賛成票を得ました。 しかしながら、持続時間に関するテストデータ(男性の安全データ: 3097の例)の予防効果の心配と男性と効果のHPV(ヒト乳頭腫ウイルス)6と11タイプによるわずかしか2以上委員会によって指摘されませんでした、そして、大規模試験の必要性は要求されました。 彼が既にHPVに感染したとき、NIH(国立衛生研究所)のPamelaMcInnesさんです。1つの委員会。 「. 」 . . . 効果のまさしくそのいろいろな事の減少。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


Dr.中川のがんから死生をみつめる:/25 切れ目ない対策を »
« 乳がん患者のための情報共有サイト開設=英GEヘルスケア〔BW〕