子宮頸がんワクチン初の承認

子宮頸がんワクチン初の承認

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の薬事分科会は29日、子宮頸(けい)がんを予防するワクチン「サーバリックス」の製造販売を承認することを決めた。国内で子宮頸がんワクチンが承認されるのは初めて。

 グラクソ・スミスクライン社が製造販売する。子宮頸がんの主な原因であるヒトパピローマウイルス(HPV)のうち、7割を占める2種類のウイルス感染を防ぐことができると期待されている。10歳以上の女性が接種対象で、3回の接種が必要。同社は年内にも販売を開始する計画だ。

(2009年9月30日 読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


中嶋、小児がん患者施設を訪問 »
« がん闘病体験医師が講演