乳がん検診の大切さ学ぼう 中津で講演会

乳がん検診の大切さ学ぼう 中津で講演会

半分?ピンクの午後6時に乳癌の早期発見と早期治療を求める中津市の教育福利事業所リボン動き講演会(大分合同新聞バックアップ)まで10月の9thActress Masumi宮崎は乳癌に苦しみます、そして、それは経験のときに自己に見える間の打ち勝つ乳癌診察の重要性などに関して話します。
知ったとしても、相良は=が多くの人々へのピンクのリボン運動を計画していた同じ都市のYabakei hisashikao=町の代表している北のFMサブ個性に直面しています。 それは今年の3月に「小詠唱コンサート」に続いて起こる2番目の啓発活動弾みとして開きます。
宮崎さんは潜在意識の処理のセラピストです、そして、それは厚生労働省の健康な大使として務めています。 人生の下の病気癌に対する戦いへの恐怖がどう打ち勝たれたかが心の望ましい方法の周りのこの講演で話を進める予定です。
講演会の前に、都市の統合健康診断センターの医師の協会の「胸部X線写真女性健康検診車」による乳癌診察(それぞれのための胸部X線写真、エコー、および3,000円)があります。 自由なtakukoスペース(物は2歳からの保育園である)はインストールされます。 ともに必要の予約。
残りは1500円(それは当日、2,000円である)です。講演会にレッテルをはってください。 ..前売りより小さいです。 相良さん(TEL080・1540・0409)と乳癌診察: 同じくらいへのスペースが中心に置くチケットとtakuko(TEL0979・23・6540)。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小さなキルトつなぎ 大きなピンクリボン »
« ブレストケア活動の一環としてワコールオリジナル乳がん検診車を購入し乳がん検診サポート事業を開始します