ピンクリボン、元アイドルの思いとは

ピンクリボン、元アイドルの思いとは

乳癌の早期発見と根絶を目的とする「ピンクのリボン」キャンペーン。 10月1日は「ピンクのリボン日」です。 「ボランティアとしてこのピンクのリボンの活動に参加している元アイドルの日本人の女性の画家がいます。」 乳癌撲滅に関する彼女の願望は隠されていました。
ニューヨーク日系人協会で行われた乳癌の早期発見セミナー。
「私の備え付けることの塊。 今月12日に、操作があります。 」(乳癌患者の関係者)

ボランティアには、画家とKaorukoさんの外観がありました。
現在のところ、芸術家のKaorukoさんは仕事がここで起こされるマンハッタンのアトリエです。 仕事のテーマは女性の私生活です。
裸はそれです。もっとも、「(Q.2人は以下の通りである、むけてください、重要である、そして、水着1人) (意味:)それがないということである、」(Kaorukoさん)

より自己、彼女と異なったキャリア、実際に。 80年代の「新井Kaoruko」という名前でそれはアイドル歌手として機能します。 しかしながら、突然の病気のため退職しました、そして、その後、画家へ転換しました。 病気に対する自己の戦いの経験が1(関係づけられ始めたピンクのリボンと理由)であると言われています。
「また、私が病人(ニューヨークに住んでいる人々:)と私の身体からいつを抜いて、それが思うかどうか理解している、何かを評価する考慮、および自らも持つことができるとき。」それになる、想像、そのように。 「(Kaorukoさん)。」
友人のKyoko小泉がアイドル時代の同じ期間によって描かれるところに仕事はまもなくオークションで示されます、そして、販売は寄付される予定です。
私は同じ..my夢であると思うことによって明確にするものを考えます。「考慮いつもそれはあなたと共に固いteiketaranaを扱うとニューヨークで思われるというわけではありません。」(Kaorukoさん)(1日の19:36)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ピンクリボン運動始まる 東京タワー桃色に »
« ピンクリボン月間始まる