ピンクリボンフェス始まる ミナト神戸もライトアップ

ピンクリボンフェス始まる ミナト神戸もライトアップ

10月は乳癌の月です。 乳癌は早く見つけられました、そして、治療を受けることの重要性に懇願した「ピンクのリボンフェスティバル」(朝日新聞などのように、後援される)が、1番目を始めました。 シンポジウムとウォーキングのミーティングがあります、そして、東京、神戸の期間のためのなど、仙台、および乳癌は人を経験しました、そして、医師は参加します。
神戸市の中央区の神戸ポートタワーは光におけるピンク色に改良されました。 ホテルオークラ神戸とフェリス式観覧車は生き生きとしたピンク色に染められて、また、minatoに、夜の神戸は幻想的に着色されました。
光は名古屋城の天守閣のようにシンボルカラーのピンクに改良されました。 乳癌診察の受診率が約10%と全国平均(約15%)の下まで下がる状況は名古屋市に通じます。 また名古屋市の河村市長が点灯式典のホールへの外観を示したtakashi、話されています、「すぐokkaaに言ってください(診察を受けてください)」ということであり、それは相談を求めました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ピンクリボン月間始まる »
« 県がん撲滅宣言:「がんに負けるな」 県議会、宣言を可決 /島根