県がん撲滅宣言:「がんに負けるな」 県議会、宣言を可決 /島根

県がん撲滅宣言:「がんに負けるな」 県議会、宣言を可決 /島根

36人の県の兵士の人々が提案したという連名で癌予防の重要なセクシュアリティと彼らによる癌の診察速度向上の機会を改良した「県の癌の撲滅宣言」が、29日に県議会本会議で通過されました。
宣言では、早期発見と早期診断が全体の県で癌の撲滅への日常生活で重要に健康管理の積極的な相談と癌の診察を促進すると思われて、それは「癌を知らないかもしれない社会、癌への正反対、および癌の敗北」を目指します。

県の受診率: それが受診率であるのにもかかわらずの、国立がんセンターが(40歳以上)を集めた07年の癌の診察の受診率に従った胃癌、大腸癌、および肺癌の各診察では、それは全国平均より高いです。 乳癌診察16.0%(全国平均での20.3%)と子宮癌診察のような(20歳以上)の20.9人の%(21.3%)と女性への独特の癌の診察は全国平均の下に落下しました。 県の健康推進課で「宣言は心強いです。 それは、県が容易に医師に相談するという環境を真っすぐにして、受診率の改良につながりたがっています。 」それはそれを作ります。 【イギリス岡崎も】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ピンクリボンフェス始まる ミナト神戸もライトアップ »
« シンポジウム「ピンクリボン あなたの笑顔のために ~乳がんに負けない~ 」にアートネイチャーが協力