【ブラックジャックを探せ】がん疼痛は医療用麻薬で痛み軽減

【ブラックジャックを探せ】がん疼痛は医療用麻薬で痛み軽減

腫瘍医師長岡のこの博暁(50)を治療してください。ディレクター、呼吸器医師の横浜の市の市民病院(横浜市の保土ケ谷区)と頭について。

それはヘッド位置のように保つ男性の「癌死亡」の肺癌です。 作られていて、専門、およびそれはそうです。肺癌治療がある、横浜の市の市民病院の岡本博暁を治療して、高くなるようにQOLが(生活の質)であると疼痛管理のように初期段階から並んで進むことによって保つという医療申し出を進めてください。
最近だけ、それはそうです–初期の段階から癌と診断されるなら、それは痛みを制御するべきです。 考えてください。日本。医療界。浸透してください。半世紀。前方に。練習してください。癌。痛んでください。管理。専門。

それは不可能になります。「1 しかしながら、–古くはそれに耐える御馳走に可能であることで、「処理」と「疼痛管理」が分離することによって考えられた間の痛みを扱って、また、痛み人の痛みを持ち去る薬があれば明確に取り外すために扱うことができる段階を現在、世界中を流れるのが、昔と異なって豊富に開発されていて、これらがよく使用されるなら、非常に高いレベルにおける日常生活が可能になるとき、痛みは世話をされますか?」With岡本の医師。
医療のためのドラッグが癌に痛みに使用されますが、日本人で「ドラッグ」が少しでないという単語による不安と恐怖を感じる人。 しかしながら、癌の痛みに使用される医療、および使用に、積極的なドラッグの中に依存などの毒性が全くありません。WHO(世界保健機関)奨励されます。
「まだ日本に先進国で医師の側でも医療、および癌の処理下位における使用量のためのドラッグに誤解を持っている人がいます。 しかしながら、患者の苦痛には、この病院で他の先進国レベルで、より大いにそれを使用するので、安値への他のどこかで抑圧されるプライドがあります。 」

初期の段階から抗ガン剤と放射線治療などに平行して痛みを管理すると、痛みは負けるだけではなく、オリジナルの処理の効果を促進する働きがまたあります。 「ネイチャー休息」である何年間もにわたって臨床の場所でそれが重要な医療手段であることを示した岡本を治療してください。 支持されたアプローチは始まります。結果癌の治療の規格として、ついに、今、実感されます。 (Shoji長田)

- 疲れる1959年のファゾムでのアヒルと広島市の出生。 広島大学呼吸器内科は84年後に会社に行きます。 89年から大きいところの国立がんセンターの中央の病院の呼吸器内科(居住者)はこの病院と関連する病院業務を取り付けました。 94年間の横浜の市の市民病院業務。 2007年からの現職。 趣味は、学童で山の中のレベルと遅いサイクリングを歩くことです。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


シンポジウム「ピンクリボン あなたの笑顔のために ~乳がんに負けない~ 」にアートネイチャーが協力 »
« OPI、「ピンク リボン キャンペーン」特別限定色発売