乳がん撲滅へ JALがピンクスカーフフライト

乳がん撲滅へ JALがピンクスカーフフライト

ピンクで入られた客室乗務員のスカーフを結合させた「ピンクのスカーフ飛行」が、運航されました。早期発見を求めた「ピンクのリボン運動」と乳癌の早期治療に従った1番目。
備えることの貨物と機体誘導をスタッフを含む女性社員は、東京国際空港(羽田)の搭乗ゲートで日本航空(JAL)の羽田からの那覇行きの911のフライトで啓発リーフレットを配布しました。 「女性がそれのように多くのオフィスであるので、啓発活動における部分はプレーできました、そして、それは良かったです」と言って、秒が微笑を示した客室乗務員の年のナオコフジタ(24)。

それは乳癌月の間に同じ日から合われていたアプローチにおける客室乗務員の提案と今年の4日までに始まります。 オリジナル商品は10月9日?に販売していた状態で機内です、そして、患者団体「夜明けの協会」に売上金の一部を寄付します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


OPI、「ピンク リボン キャンペーン」特別限定色発売 »
« 生きる希望 がん患者に