がんと闘う 仲間の支え

がんと闘う 仲間の支え

【薬が作成される中国の地域】

何カ月もの間の9月。 ..癌の征服pressureThe出来事、癌患者、家族、および医療関係者が交換を深めたのは、銀の週に、繰り広げられました。 第一交換協会が癌の客間について関するパーティーが全の国から集まるチャリティーの出来事と24時間広島の中国の地域で1番目になる島根で行われます。 関係者は、人の知識を深めて、両方と戦った仲間を得ていました。
(田のMichioと通りの外のNoriko)

- – 広島**
- 人生のリレーは24時間歩きます。「癌にかかっても、人生のリレーが24時間増殖する癌細胞で破られないように始動される普通の人生をするために。」 ”

受信午後1時に始まった「日本2009年の広島のリレーフォの寿命」(朝日新聞の広島の総局などの経営委員会やバックアップのように、後援する)、開会する宣言のような市の中区広島の古い広島市民スタジアムの9月22日です。 患者や医療などの約50のグループと福祉関係者はあるいはまた、地面の中を歩き続けました。 コンサートと癌の啓発も説教されました、そして、合計で2200人は24時間で参加しました。

乳癌を理解していた山口県の松の都市の高校と石田千晶(41)の教師: 昨年。 年上の患者は、’それは1人ではありません’と教えました。「また、だれかのサポートになりたいと思います、そして、明確に人生を調整したいと思います。」。

広島市の安佐南区の酒田和子(78)は7年前に悪性リンパ腫と診断されました。 それは、それであるのにもかかわらずの、患者の数が小さかったので、すべての仲間が県の中で同じ病気の人に会っていなかったこの日に会うことができました。 「最終的に親類に会うために。 交換をさらに深めたいと思います。 」

午後6時。 癌。死んでください。人。戦ってください。人。メッセージ。書いてください。紙。キャンドル。包装します。精神に休息してください。希望の光。火が付いてください。「空になってください。」始まってください。

《Itは会うことができて、良かったです。
多く。愛してください。ありがとうございます。長い間。見てください。空白。あきらめてください。《Itは明日、エネルギッシュである場合があります。

折り鶴作成、絵の話のショーのプレゼンテーション、および芳香マッサージの角などがありました。 , また。 癌は、アシスタントに再発して、4年前にクレーンを折り重ねた広島県のAge高田都市のヤマムラ(59)をhoumeguします。 一度死ぬと考えていたと言われています。 「笑いましょう。 1日に泣く、または笑っても、それは1番目です。 癌は微笑に弱いです。 」それは話しました。

朝は明けました、そして、環境の倍は明るさが増加した内部に通じました。 合計で480回に一度400メーターの地面をしたチームもありました。

23日の午後1時。 ミーティングは「地域医療の早期発見の初期段階の増進と処理が受けられた環境の維持は望まれることなど」の集会宣言で終えられました。 (62) 癌に3のために苦しむ広島県の三次の都市と半年の間の池のtoumisaeda「それは仲間と共に歩きました、そして、元気と勇気を持っていました。 この学習とミーティングを評価したいと思います。 」それは話しました。

出来事は、合衆国の医師が85年間癌患者を奨励して、貢献を集め始めました。 それ、1番目は国の茨城県の筑波都市で06でそれをつかみます。 把持は年度2009の広島などの14の場所で予定されています。 広島の2日間の約120万円の貢献は集まりました。 日本対癌の社会に部分を寄付します。

- – 島根**
患者の声の共有の場所

- 「客間」という結果レポート
島根県の出雲市の出雲市民ホールは9月21日に「島根における最初の全国的な癌の客間交換協会」(実行のように、委員会の後援と朝日新聞の松江の総局のバックアップをとる)のように主会場で癌患者と家族が回復経験と治療方法などに関して話した「癌の客間」について関するパーティーによって開けられました。 患者や、家族や、医療従事者などの約800人は30の管理部門から北海道から鹿児島まで参加しました。

癌で死んだ前の報道カメラマンの夫の死にかかっている願望は修理されました、そして、出雲で都市の他の関連していた状態で「少しが癌の情報客間であると接近しに来て、見られなかった下院」を管理したAiko佐藤(63)の人は、初めて、交換協会を客間に計画していました。

‘公開討論会には、教育機関がなった「島根方法」の患者、家族、医療機関、メディア、企業、管理、アセンブリ、およびがん対策の結果に関するレポートがありました’。7番目。 ..’場所いったい’ 同県増田市の増田赤十字病院のヒロユキ・岸元サブディレクター「入院患者のものが客間を設立するむり難題を言って、それは不安でした。 しかしながら、患者の本当の意見を聞いて、普及ができるのが簡単になって、それは両方と戦うことができる状態で生まれました。 」それは話しました。

「患者の要求を管理と医療機関に提供する役割は果たされたことなど」の意見(草地祐美子と健康な福祉部県の医療一般化**)、「患者の本当の意見は客間によって聞かれました、そして、また、学生は成長したこと」が出て来ました(県の大学短期大学部の平野Fumikoと教授)。

治療法と経験を集めた本とパンフレットも点検できた「癌の情報客間」の遠足がありました。 秋田市の女性患者(70)「1年前にもっとも、客間を感じる状態は人工の秋田でした。 島根からノウハウを学びたいと思います。 」それは話しました。 様々な場所の客間の外観はそれが全の国の客間の活動を導入した展示会角に示されました。

「Itによる. . 回復yashiya客間情報収集にもかかわらず、私の処理の適切な方法のために. 学習されたいと思うとき、学習できない場所しかも、全の国に拡大を予想するということではありません。」という討論会に加わった客間代表について気にかけて、****遼一(72)増田癌のItは話しました。

島根県は、06における初めての国家のがん対策販売促進法令を制定した「がん対策高度な県」です。 22の場所には客間が県にあります。 県議会は9月29日に癌の診察などの相談速度向上を述べた「県の癌の撲滅宣言」を通過しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ピンクリボンフェスティバル:乳がん体験者らがメッセージ--きょうから /東京 »
« 24時間リレーウオーク 小松島10・11日、がん理解と支援訴え