24時間リレーウオーク 小松島10・11日、がん理解と支援訴え

24時間リレーウオーク 小松島10・11日、がん理解と支援訴え

癌の啓発チャリティイベントは「リレーフォの寿命を解決する2009に縞をつけます」。shiokazeが耕す小松島市の小松島町のkouでは、10と11の両日によって、開かれます。 それが24時間歩きそのイメージ夜明けに紫色のコードをリレーする間、続けると言って、癌に分かるのは社会にサポートを求めます。
リレー散歩は、コースにおける10日の午後1時に一度約200メーターの公園の散歩道路を始めます。 癌患者、家族、およびそれを支持する人が、あるいはまた、夜通し歩き続けます、そして、それは、最初の全体の日の次の11午後1時に目標にたどり着きます。
癌のため両親と配偶者を失った遺族などの400人が10日の午後6時以来の故人を我慢するので、私はロウソクで散歩道路に悲しみます。
この他、落語家について言う落語とShofukutei研究が阿南市が来るのを点灯する伝統的無料の診察、バンド性能、乳癌、および肺癌(両日と最初の50人)があります。 資金調達箱はホールに設置されます。
経営委員会にそれを後援すると、それは基礎があるローカルの人口と日本対癌の社会から利かせます。 合計で800人は昨年の最初の把持の500倍に関して参加と散歩道路をしました。 集められて、資金調達40万円は、癌の社会に提示されて、癌の診察の相談改良に使用されました。
「リレーフォの寿命」は、1985年に合衆国で始まりました、そして、それは2006年に日本の茨城県の筑波都市で初めて、実行されました。 それは今年全国を通じて小松島を含む14の場所で予定されています。
経営委員会はコードをリレーする個人とグループの関係者を募集しています。 問い合せはMasashi松本議長<0885(33)3266>です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんと闘う 仲間の支え »
« コメでがん撃退 県農水センター研究所開発