コメでがん撃退 県農水センター研究所開発

コメでがん撃退 県農水センター研究所開発

それは3年間の多くのビタミンについて、より遅くEを含む見通しで新しい種類です。中央の農業研究所(Toyama city吉岡)が反偽物と動脈硬化のためにビタミンEの1つで防止で有効な状態で「トコトリエノール」を含む米の進化に大いに取り組んでいる技術的な統合県の農林水産。 それは、3年後に新しいとして新しい種類の開発を目的とします。この要素が2倍コシヒカリによって含まれている「Health米国。」 (hibi長井の太志)

トコトリエノールは、呼ばれた「超ビタミンE」であり、増殖させないこの実験室を移植している共同研究にマウスへの癌細胞をしたその実験東北大学でトコトリエノールを管理したマウスが、癌細胞を発見した稲、ココナッツなどの真実だけで存在しています。
研究は米糠に含まれたトコトリエノールを進めます、そして、この実験室やこの大学などの産業政府がアカデミックな複合体は協力します、そして、食物への薬と実用の要素は2005年の年度から5ケ年計画時点で、目的に進められます。
実験室は稲の販売促進と研究を担当します。 研究開始から250種類以上の稲を分析して、No.約23×1.5近い積極的な時勢以上の種類にコシヒカリと比べて多くのトコトリエノールが含まれていると発見されました。
近い積極的なNo.23、コシヒカリ、およびまぐさ種類は現在交配されます、そして、米糠のトコトリエノールの内容は分析されます。 コシヒカリが過去の種類と比較されている状態で、トコトリエノールは3年後に2倍で交配にそれを含む種類の進化を進めるでしょう。 実験米が9月の終わりに取り入れられた後に、成長状況などは調べられます。
実験室のムラタの主任研究員が「富山と米のdokoroに関して、kusuriの富山は、全の国に適当な種類で、作られていて、それを送ることができること」で話しているwamasa。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


24時間リレーウオーク 小松島10・11日、がん理解と支援訴え »
« 乳がん検診受けて 早期発見で温存率向上