乳がん検診受けて 早期発見で温存率向上

乳がん検診受けて 早期発見で温存率向上

30の我慢強い50代の増加?
それらは女性の乳癌患者の数を増加させています。 それは、最近、女性の癌のため20人という1人、および死の原因(2007)の5位で高い確率に上がります。 特に、それは働き盛り30歳までに外で50代にそれを立ちます。 それはどの我慢強い協会が10月に診察啓発に努力するかの「乳癌月」です。 処理は人々になりました: 同じ女性を目的とします。 「それは起こり得る病気です。だれかで。 診察、定期的」それは呼びます。  (才能のレポート部分と石川男性)

「私は、確実にそれにならなかったと思いました。」 「それが3年前に作動した市の中区浜松の柴田三木(39)は、診察の重要性に懇願する1人です。」
診察はインストラクターとして10年以上およびターンの36歳のスポーツクラブに勤めるまで受けられていませんでした。 プライドを持つためにどんどんやって、「食事のバランスと人生のリズムは良く」て、病気との関係なしであるそれになってください。
それは左の胸でそれを感じ始めました、そして、しかしながら、経験から学ぶ点検は同時に推薦されました、そして、偶然胃炎のため病院に行くとき、不意に、明るみに出ました。
それは陽性の通知に言われています、そして、「ヘッドは純白になりました、そして、私は医師の声を聞きませんでした」。 , 処理に関する材料であるときに、「涙は止まらなかったこと」が震動である間否定される気持ちに通過されたのが、言っている、「私、なぜ、」

それは操作と抗ガン剤処理に関して集中するのが必要である1年間でありました、そして、私は仕事を辞めるのを助けることができませんでした。 「癌は早く見つけられて、人生の現代の損失が減少できたということでした」なら傷病者が扱われたのが痛々しいほど後悔されました。
それは、現在、新しい仕事に就きます。 それは考え、抗ガン剤処理の途中にヘアピースを必要として、ヘアピースの特別な美容院「ピア」で仕事にありつく経験からの「私は同じ見地で人を助けたかったです」でした。 髪は副作用で外れます、そして、心は壊されて、得る傾向がある患者のサポートが気を滅入らせたということです。 影でおおわれたぶり返しの不安ですが、それは癌への正反対のそばで他のものにとって共感の重要性を知っていました。 積極的。診察。in the background of願ってやまないこと。重大。上告してください。

それは、近年1年あたり約4万5000人のところに行います、そして、国立がんセンターがん対策クリアリングハウスによると、乳癌にかかる女性の数は2.6掛ける20年前まで増加しました。 要素であると思われるのは、欧米への変化、晩婚化、ライフスタイルの習慣の飲むなどです。 それは、利益と、国と、自治体と、また、定期的な診察を推薦する医療機関ですなど、「生存率は上がります、そして、胸を保つことができるという確率はそれがまた、早期発見であれば上がります」と言って。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


コメでがん撃退 県農水センター研究所開発 »
« 【快適生活学】ピンクリボン 乳がん検診を受けていますか