【快適生活学】ピンクリボン 乳がん検診を受けていますか

【快適生活学】ピンクリボン 乳がん検診を受けていますか

乳癌の早期発見を求める世界の動向「ピンクのリボン。」 活動は1980年代に合衆国で始まりました。 受診率は活発な活動で上ります、それが合衆国ですが、早期発見は成功します、すなわち、言われていて、約8人の女性という1人が乳癌、および死亡率にかかるのは、減少しました。
20人の女性という1人が現在日本の乳癌にかかると言われています。 毎年、死亡が増加する傾向にあります、そして、それは現在の年間の1万人以上に届くでしょう。 それは家族とパートナーのために特徴で大きな問題となります、また、40代にしっかり30につかまる多くの人々がいます。 体の表面の近くの部分で発生したので、私さえ、自己でチェックするように容易にわかりました、そして、早期発見によるリカバリレートはそこですが、高値が確実でないということです。予防。
物の時代まで医療先進国にもかかわらず、診察受診率が低いと日本によって言われましたが、本年度に住んでいた自治体によって女性への独特の癌の診察の無料のクーポンと診察紙入れは分配され始めました。 そのうえ、また、早期発見の重要性が言われるとき、企業などによる啓発活動も活発です。
今月はピンクのリボンの1カ月です。 また、花王グループが女性の健康を助けたいと、今年sofi-Naのカウンタ、est、およびカネボウ化粧品で美のメンバーによる自己チェックを導入するリーフレットは、分配されています、そして、早期発見の重要性は言われます。 ウェブをアニメーションを果たします、そして、携帯電話から自己チェック方法に容易にアクセスできます。
あなたは、「私は安全です。」でないとどうにか思いますか?人のInは人です診察を聞くときまた、そこで威嚇すると感じる。 今月の間、Iと要人のために自己チェックで機会で診察を習慣にしましょう。 (花王社会の貢献部分)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん検診受けて 早期発見で温存率向上 »
« ワコールが乳房検診車を購入しピンクリボン活動に貢献