小林麻耶が初の「乳がん検診」 行った理由は…

小林麻耶が初の「乳がん検診」 行った理由は…

<テレビの腕時計>「すべての人のエネルギーレポート。  ニュース」(TBSシステム)それは、飲んで、**をasaします。小林キャスター(30)は、初めて、乳癌診察に行きました。 それは2009年10月2日にブログで報告します。
アサ**小林は言われています。診察に行くという決定が付く時までにそれは時かかりました。 「怖くて、恥ずかしくしてください、…Such気持ち、完全に」 「しかしながら、それによって、情熱的に、まだ診察に行っているのが、必要であることがわかります。」 それはそうです。診察が「男性だけがしないこと」への彼女、妻、および母親に推薦されるのは、呼ばれます。

自らに診察を受けた機会は、「’人の人生の残りの1つの月の花の花嫁’は知恵に会ってください」でした。 「24歳の女性はTBSシステムレポート・プログラムがドキュメンタリーとして07インチで報告したもので乳癌を伴う彼女の人生の残りの1つの月のための宣言を受けます。 それは本の後部まで作られました、そして、映画になりました。 小林・アサ**は「私の身体について考える機会を得ました。」と書かれています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ひと:宮下マキさん 乳がん患者の日常を撮った写真集刊行 »
« デルタ航空、乳がん予防を啓発するサポートキャンペーンを実施