デルタ航空、乳がん予防を啓発するサポートキャンペーンを実施

デルタ航空、乳がん予防を啓発するサポートキャンペーンを実施

デルタ航空(DL)は10月の乳癌防止啓発月の間、世界的なサポートキャンペーンを開発します。 ニューヨークのジョン F. ケネディ空港のコントロールタワーは運航されます、そして、信号はピンクに向上します、そして、ワシントンニューヨーク/他の中のピンク色に塗られたピンクのあからさまは、運航されます。 そのうえ、何人かの客室乗務員がピンクのユニフォームとネクタイを着ます、そして、ピンクのレモネードを寄付します、そして、2米ドルで乳癌研究基礎(BCRF)に販売とこの売上総利益を寄付します。 この他、それを言います。その商品はbagejjitaguなどの啓発キャンペーンに関連しました、そして、DLとBCRFの共同ブランドでグラス、エプロン、およびペンを販売します、そして、同様にBDRFに収益を寄付します。 ピンクのあからさまは、ピンクと白でボーイングB757タイプマシンを塗装して、BCRFのマークであったピンクのリボンを与えました。 この機体は2005年以来の合衆国とラテンアメリカなどで運航されています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小林麻耶が初の「乳がん検診」 行った理由は… »
« 乳がん撲滅願う ピンクリボンツリー 啓発で県庁に登場