乳がん撲滅願う ピンクリボンツリー 啓発で県庁に登場

乳がん撲滅願う ピンクリボンツリー 啓発で県庁に登場

早期発見の重要性などが上告されたピンクのリボンの月は乳癌に関して始まりましたが、それは合っていました、そして、ピンクのリボン木はロビーに1日あたりの1階で県庁に現れました。 Kichoushaはピンクのリボンで飾り付けをされます、そして、それは乳癌の啓発につながります。
県は木を示します。 県の健康な改良部は、「乳癌撲滅と、リボンに願望を置いて欲しいです。」と仮定します。
乳癌はこの分割に従って罹患率が高い女性のためのものである癌です、そして、処理で回復する設立は、高いのですが、初期段階は発見されます。 しかしながら、診察(それは40歳以上の物である)の受診率は全国を通じて14.2%の年度2007です。 この県が25.2%と全の国を超えていましたが、それがまだ低状況にあると言われています。
木は31日まで示されました。 “..「deピンクのリボンを引き裂いてください。」そのうえ、ミーティング、開かれる、parutei;、宇都宮市のノザワ町では、女性の啓発が乳癌癌などのように進行中、県の3番目

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


デルタ航空、乳がん予防を啓発するサポートキャンペーンを実施 »
« 乳がん検診の受診率アップへ啓発 県などが予防展相談会や経験者講演