乳がん検診の受診率アップへ啓発 県などが予防展相談会や経験者講演

乳がん検診の受診率アップへ啓発 県などが予防展相談会や経験者講演

10月にそれは「乳癌月」です。 病院福井市協会の県の終わりは1日間、乳癌の早期発見の重要性を示しました、そして、言われた「ピンクのリボン」と乳癌に関するパネルは病院の正面玄関などで示されました。受診率はそうです。子宮癌の後に診察の中で低い、乳癌、それ年度2008 ..落ち着かないでください。そうすれば、相談を求める活動は、期間、開発されます。メイン、県。
受診率に関して、子宮癌は14.8%でした、そして、次に乳癌は17.0%未満に落下しました、そして、平均した相談は県の健康な改良部によると、5つの診察の23.9%が年度2008に胃、肺、大腸、子宮、およびミルクの5つの癌の診察のため最も低いと評定します。
年度2003の県の調査に従って10万の県の乳癌患者が30代と54.7人にいますが、40代になるとき、それは、226.4人を約4時間まで跳びます。 30代の後半以来50代の前半の「乳癌患者の数は大部分です」という男女を入れているデータもあります。 この分割「増加する傾向は私が、乳癌月の機会を利用する診察を受け取って欲しい年度2003以降、続きます。」Itの一浩Kanatani概要チーフは話します。
10の3日間、乳癌を経験したKuniko才能山田の相談協会以外に偶数のaossaとの1と船倉「癌予防展示会」で来る福井市手は、12日に医師で県のなどLectureミーティングと乳癌診察で12日をじっと見ます。

乳癌診察が、より40歳である昨年の間に診察を受けていない女性は、物です。 診察料金は1300円です。 40容量に申し込むのが、必要です。
0776 ..この分割は等しいです。(20) 問い合せTo 0351=。
(増田shanae)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん撲滅願う ピンクリボンツリー 啓発で県庁に登場 »
« ワコール、乳がん検診サポート事業へ参入