ピンクリボン 彩る街

ピンクリボン 彩る街

乳癌の早期発見、早期診断、および早期治療の重要性に懇願した「ピンクのリボンフェスティバル」が、1日を始めました、そして、神戸市の中央区の神戸ポートタワーは光におけるピンク色に改良されました。 ホテルオークラ神戸とフェリス式観覧車は生き生きとしたピンク色に染められて、また、minatoに、夜の神戸は幻想的に着色されました。
また、JR三宮駅が向かって、それが70歳頃に呼ばれた神戸市の乳癌患者などの人々が「診察は受け取られていさせた」5つの場所には通りのキャンペーンがありました。
Sachiyo Arimoto(62)、「Daybreak兵庫、」 乳癌患者からそれを作った代表(スポークを経験して、治療する人)が、「乳癌診察を受けながら怖がらせる人がいましたが、また、それを受け取らないのも非常におびえていると説明しました」。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


いわてピンクリボンフェスタ 乳がん撲滅へ »
« 乳がんへの関心高めて 盛岡でキャンペーン開始