乳がんへの関心高めて 盛岡でキャンペーン開始

乳がんへの関心高めて 盛岡でキャンペーン開始

啓蒙の時代キャンペーン「Teピンクのリボンフェスティバル。」「言います」。 (実行委員会の後援) それは10月の乳癌月の間、1日間、盛岡都市で始められた状態で合わせられていました。 ピンクのリボンは病院と大型店の木、デコレーション、および啓発チラシで上告されました。分配上告された、 「早期発見で必ず回復してください」

関するパーティーなどの約40人は盛岡市の家庭菜園で1丁目のkawatokuの式典に参加します。 それに挨拶して、「乳癌に関する心配を改良して、重要な人生を防御する第一歩に行きたがっています」と言いながら、jin**は実行委員会の議長をterasachikoします。

関する党は、ピンクのリボンに飾り付けをして、お客様と共に自己診察のポイントなどを木に書いたチラシを配布しました。 同じ都市のKuniko Otsubo(78)はチラシをじっと見つめました、「これまで病院で世話をされなかった」ものを言って。

木はこの親王の同じ都市の盛岡市立病院でもリボンで飾り付けをされます。 乳癌作者nashikaoとヤマウチ(36)と戦っている間に看護師としてこの病院に勤める病気記録に対する戦いについて「Keppuchiは看病します」。「塊を見つけるので、私は相談の中にいました。多くの人々としっかり定期的な診察を受ける際に専門家の診断プロンプトを受けて欲しいと思います。 」それは上告されます。
城と東北電力株式会社の盛岡跡と25日の午前10時30分にピンク色の光で微笑散歩(岩手公園はセットした)を石垣の鉄塔にします。
問い合せ: 実行委員会の事務局の事務総長Michiko中山(090・2792・5252)に。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ピンクリボン 彩る街 »
« ピンクリボン:美女がトリオで検診呼びかけ