名古屋城:ピンクにライトアップ 乳がん早期発見訴え

名古屋城:ピンクにライトアップ 乳がん早期発見訴え

天守閣再建からの50周年が来た名古屋城(市の中区名古屋)は1日間、約4時間のピンクの光によって午後6時50分から午後11時0分まで染められました。 早期発見に懇願する「ピンクのリボン運動」の部分と乳癌の早期治療におけるこの動きで城に改良されたライトの持つのは、1番目です。
「名古屋のピンクのリボンフェスティバル経営委員会」はNPOのボランティアと共に結団しました、そして、企業はそれを後援しました。 都市の乳癌診察率は、年度に2008、名古屋市に従った12%における残りを予想します、そして、「88%の診察率を目的とする上告」と、実行委員会は言います。 【Susumu丸山】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん撲滅 願い込め »
« classの津久井克行さん、すい臓がんで死去