class・津久井克行さんがすい臓がんで死去 後日お別れの会

class・津久井克行さんがすい臓がんで死去 後日お別れの会

「夏の日の1993」などのヒットで知られている男性のデュオとクラスの津久井**gyouは2番目の午後2時1分にすい臓癌で死にました。 49歳でした。 津久井さんは、通知されて、今年、2月19日に引くことのチューブ癌で入院します。 3月の病院の始めにいなくなったのが、成功確実な公衆であり、引くことのチューブ癌は’バンドのフェスティバル神父の関東集会で5月17日に東京で行われていた2009フィートを受けました。 それはその時「良い指示」に想定されます、それが病気shiに対する戦いでしたが、物理的な状態に影響するのが続けられた音楽。 近親の密葬だけで実行されて、葬儀と葬儀はそれが後で分離するミーティングを開く予定です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


classの津久井克行さん、すい臓がんで死去 »
« 津久井 克行氏(つくい・かつゆき=ミュージシャン)2日午後2時1分、すい臓がんのため東京都内の病院で死去、49歳。群馬県桐生市出身。葬儀は近親者で行い、後日お別れの会を開く。