「いのちの授業」受け継ぐ 乳がん、語る教授とゼミ生

「いのちの授業」受け継ぐ 乳がん、語る教授とゼミ生

私たち、乳癌で死ぬ人の数が少しでも減少するかもしれないか、またはそれが必要であることがそうすることができます。 ゼミのアドバイスしている教師が乳癌患者であったのを知っていた拓殖大学の学生は乳癌月の間にさらに、開かれる「ピンクのリボン微笑散歩」(朝日新聞などのように、後援される)によって六本木の東京の周辺の12kiroko-suに参加して、3日に歩く間、早期発見と早期治療に懇願しました。
昨年の11月。 「それは約30分良いですか?」長尾要素教授(49)は商学部のコミュニケーション研究のゼミの中央の学生にそれを切り取りました。
自己の乳癌経験を「人生のクラス」と題して、話した集会が、様々な場所で続けられていた大分県の元養護教員とyamadaizumiはこの月と49年ものの寿命のときに閉じます。 さん/さん 長尾はウォーキングを導入している間、続きました。
「私は乳癌でした。」 「約4年前にそれの有利な判決を下しました、そして、手術を受けました。」 主張された人は、その後扱うのが続けられる間、言うとは可能ではありませんでした。 すなわち、耐え難い、「私、なぜ、」 ぶり返しへの恐怖。
それはさん/さんを知っています。 今回の山田の活動。 それが死と子供への死まで生きる意味に関して話して、患者でともに思った外観に話されそうが教えられました。 「(fuhouを聞きながら会っていませんでしたが、山田さん/さんから’↓これは、あなたが話した回転でした’と警棒を手に入れた気持ちになりました)。」 「あなたの死に関するニュース。」
話を聞いた学生は、動き始めました。 勉強会は主張されました、そして、それは乳癌を調べ始めました。 また、それがある間若いコネで、20代、女性、および男性が中高年で掛かる可能性があるに違いありません。多く。 診察率はまだ低くなければなりません。 「実際に詳しい人が持っていた、不健全な思想が関係ないのを得ることであるショックは、大きかったです。 しかしながら、この病気に注意を向けるのは機会になりました。 」。Mochizukizei(Chika他)はゼミ代表の4年間振り向きます。
「日本の乳癌の現状が若年層に使用する研究されたコミュニケーション知識を置くことによって関心を持つことができるように、活動を始めようこと」が勉強会でできるだろう目標。 微笑みそれが乳癌を話させることができるように言われた願望は置かれました、そして、活動は「Smileブレスト」と命名されました。 散歩の参加はものです。 (Masakoをnishikikouyamaします)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


<訃報>藤田桂夫さん89歳=元信越化学工業副社長 »
« 熟成黒みそがん抑制 見た目より成分/渡邊広島大名誉教授