熟成黒みそがん抑制 見た目より成分/渡邊広島大名誉教授

熟成黒みそがん抑制 見た目より成分/渡邊広島大名誉教授

広見。掛かること。)、名誉教授。黒いみそ、傾向があることでは、離れたまま給食などで保たれてください。 ..atsushihika渡辺、(. . 最近の長野市の開かれたフォーラムで胃癌、乳癌、および高血圧のコントロールが圧力をかける広島大学の有効なコネなどをはっきりさせました。 関する、県の中でみそを長野にする党が、魅力的であることを「知それが欲しいいです」。「外観必ず、善良による選択。」

渡辺名誉教授は、食物と健康なフォーラムでnaganoが経営会議が後援した郷土食に商標を付けると報告しました。
この教授はそれがこの大学でし過ぎたネズミなどの実験、および様々で、医学の調査の結果、(1)胃癌、乳癌、大腸癌、肝臓癌、および肺癌などの発生を抑圧した(2)塩を取るのによる高血圧と胃癌の発生を抑圧した(3)放射露出で発癌を抑圧しますか? それはそれを仮定しました。
・・・(詳細に日本農業新聞スペースを見てください。)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「いのちの授業」受け継ぐ 乳がん、語る教授とゼミ生 »
« シンポジウム:働き盛りがん患者の就労考える--渋谷であす /東京