がん告知:6割希望 国立沖縄病院が県民意識調査

がん告知:6割希望 国立沖縄病院が県民意識調査

半分の人々は、私であるときに、回復することへの期待があっても司令官の約60パーセント、県の住民が癌になるか、または存在していなくて、家族が癌になるとき、問題の人が望んでいるなら事実を知りたくて、情報になりたがっています。 県の住民が癌の告知の問題に関して家族と話していない司令官の60パーセントが国立病院メカニズム沖縄病院(石川清は長さをtsukasadoinする)の調査で見つけられたのは、どうです。 石川ディレクター「病気と死は経済発展評価における’敗北’であると考えられました。 その結果、タブーなミが死ぬ時代の傾向が沖縄だけではなく、全体の日本にもあります。 それは皆が訪問される死を見ないことによって生きるのを見えなくならせます。 」それはそれを指摘します。
県のホスピスと考慮の一般的な住民をパリアティブ・ケアに理解するために、調査は実行されます。 2007年10月に宜野湾都市の19の公会堂で調査票を分配しました、そして、238人のユーザから答えを受けました。 緩和剤の注意と終末期医療に関する県の考慮調査の一般的な住民は1回目です。
64.7%は、「それはそうではありません。」と「癌の告知は話されましたか?」の問題に答えません。 県は日本のホスピスと緩和剤が気にかける全国調査が、振興財団について研究するより05で11.8ポイント実行されました。
「あなたの人生の残りが回復して、絶望的な病気のため制限されるなら、あなたは家で死を費やしたいですか?」の問題と比べて、「家で費やしたいと思いますが、実績が難しいと思われる」解答は45.4%です、そして、「家で費やしたがっています、そして、それが可能であると思われること」がある多くの解答が24.8%です。 それははっきりさせられました、また、可能であるのを除いて、そうしたがっていた人が、家で死を受けることであるが70.2%に上がりました。
「看病した家族がい」て、しかしながら、「負荷は家族にあまり寄りかからない」、「家へ帰るために往診をした医師がいること」は、単に取るという条件に関して家にいることによって、タイトルに上がりました。
「回復期待なしで病気になって、あなたの人生の残りが限られるなら、あなたは左の時のライブでまさしくその欲しいですか?」の問題では、「趣味と好きなことをして、それを費やしたがっています」: 多く「私は時間が家族と費やした増加まで欲しいのです」が、全の国は2番目でした。 次に、「家族と費やされた時間を増やしたいと思います」: それを言って、反対に、全の国に、41.5%、「趣味と好きなことをして、それを費やしたがっている」という結果(35・2%)への県。 全の国と違いはどう終わりの期間を過ごすかで見られました。
石川ディレクター「病気の通知が完了していないのは、無差別に悪くはありません。 死に関して、県の中の調査から関係づけられて、個々の問題ではなく、家族のような環境などとの関係が大いにそうであることが理解されます。 いつ来て、1日の周りの存在家族の病気に関して話すかを理解しないのは、重要です。 」それは話します。
(玉木enashiはkoします)

(琉球新報)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


シンポジウム:働き盛りがん患者の就労考える--渋谷であす /東京 »
« 乳がん撲滅 ピンクの祈り 富山城ライトアップ