ワコール、乳がん検診サポート事業へ参入

ワコール、乳がん検診サポート事業へ参入

ワコールは社会的な貢献活動の一部として乳癌診察サポートビジネスを始めます。 ワコールのオリジナルの乳癌検診車「AIO(aio)」を買います。 検診車は医療法人の会社「I区丸の内」(東京と**オオイシ全水頭の職員のko能力)のプラタナスに貸与されます、そして、診察営業活動は今月、全の国の健康保険組合と様々なイベント会場などで始められます。

現在17%で乳癌を発症すると1人の日本人の女性によって言われていますが、乳癌診察率が低い、(それ、05年間厚生労働省がメロディーである、) それは、本年度に「癌の診察50%の販売促進本部」のこの省の始動を様々な活動を扱います、相談速度向上を目的として、国を数え上げて。
ワコールは診察の可能性を高めて欲しいことの目的からの乳癌サポートビジネスを立ち上げました。 日本語が堅いので、以前、それは1番目ですか?tarupuresutokeaへの活動は明確にアフターケアに実行されます。
マ-mogurafiと診察に必要なエコーは”AIO”にインストールされます。 約1億円は第一段階投資として費やされました。 単一の年度ターンアラウンドは1年あたり55%以上の稼動率によって達成されます。 稼働率は高くしています、そして、2番目のバス購買費用を保証します。 i区丸の内、ワコール、および元のウェブサイト(スケジュール)で”AIO”Applicationを受け入れます。 「多くの女性が、単独で診察を受けて、乳癌の早期発見と治療につながりたがっている」(墓の本能kawaのワコールの社長)同社が操作の後に乳癌操作を経験した女性のためにブラジャーを売るrimanmaビジネスを始まらせる1974。 02年以来活動とピンクのリボンを啓発するのに活動する乳癌早期発見。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ピンクリボン運動連想銘柄=田北知見の銘柄ウオッチ »
« 乳がん早期発見訴え ピンク色にこだわり