乳がん撲滅目指し、名古屋城ピンクに輝く

乳がん撲滅目指し、名古屋城ピンクに輝く

名古屋城(市の中区名古屋)は1日の夜乳癌撲滅を目的とした「ピンクのリボン運動」の一部として光におけるピンク色に改良されました。
それは乳癌に関するキャンペーンにおける世界的なピンク色のシンボルカラーです。 医師と共にそれを組織化した経営委員会は、名古屋市で計画していました、そして、点灯式典をしました。 光は名古屋駅のミッドランド正方形以外に東京代理店などの全国的な様々な場所で改良されました。
10万人(2003年現在)あたり乳癌の患者の数は62.5人です、そして、それは高いのですが、診察率は女性のものでの20パーセントにおける癌死亡の4番目の原因のままで残っています、そして、この実行委員会は乳癌診察を求めています。
(それは07時に読売新聞です: 203年10月20日、2009)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ひと:伊勢真一さん 小児がんの仲間を描いた映画製作 »
« 在宅緩和ケア講座:本人、家族も悔いない最期へ--金沢 /石川