在宅緩和ケア講座:本人、家族も悔いない最期へ--金沢 /石川

在宅緩和ケア講座:本人、家族も悔いない最期へ--金沢 /石川

「領域と医療機関の協力」
それは問題の人と家族が悼まない死への「領域と医療機関の協力」金沢です。
市民はそれが終わりの期間の医療であると考えている講演と生命維持「..itが人生の近くときのそれを置くために描くのを気にかけている…shikawaのホーム緩和剤注意」Howeverのものであるはずであるものを開いて、それは3日間の金沢の都市の緑色の草の町のOmi町交換広場でした。 医療関係者や市民などの約120人は参加しました、そして、情熱的に聴きました、そして、それに入りました。
宮崎市の緩和ケア病棟医師のKuroiwaと頭のYukariのカウンティーは、区の医師で協会病院の第1回転をプライマリ・ケアの医師の後方支援と治療して、在宅介護を支持する宮崎県と共にケースについて説明します。 そのうえ、家の回復は、それがNPO「在宅ホスピス宮崎」の市原美浦理事長のそばで難しかったときに、解決策の1つとして空き家を使用して、pseudofamilyとして家族問題で、それが約5人のテナントで住んでいた私設療養院を導入しました。
市原理事長が外に指す、「接続、朝起きて、衣服を変えて、toiuでichiに食事、および蓄積を食べることに注意するので、1日における第1が、より良い、」 内部が減少の作成で進められて、看護している医療設備の入院が短期的にそれは話しました、そして、「問題の人と家族が悼まなかった死を受け取ったので、領域と医療機関の厳密な協力は重要でした」。 【jitsuをkondoumareします】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん撲滅目指し、名古屋城ピンクに輝く »
« 乳がん撲滅月間、パリでイベント