がん患者ケアで市民公開講座/黒石

がん患者ケアで市民公開講座/黒石

県と国民健康保険黒石病院は、3日に黒石市の津軽伝説の工芸品のパビリオンで癌患者の生き方に関する市民公開講座を開きました。 Tsuneo佐々木医師の講師の伝染病のセンターの首都の駒込病院が説明した「ライブで役に立つのにありそうであったので、死の恐怖が乗り切られて、早く、いつが高くあるかということである可能性はありそうにそれを思えた」東京などの癌と頭 , そして、それによって、患者が医療関係者に住んでいたところで意志を尊重するメッセージを伝えた重要性がわかりました。
コースは2番目でこのパビリオンで行われた県の研修医師のワークショップ(WS)の一部です。 52人の研修医師、弘前大学の医学部の9人の学生、および県の外の医療機関で学んだ指導医は、WSに参加しました、そして、癌患者とパリアティブ・ケアのなどであるべきであることへの通知は学習されました。
ディレクターの佐々木は弘前大学の医学部の卒業生です。 それは指摘されて、「私は話したかった’という芸術が’それは意志とkowaの上でwoを手に入れました」です。死。 ..患者に言うことと同時の人生が真実であることを尊重するのが短い寿命の可能性などは21世紀に好きです。「怖い、」 そして、「化学療法が中止されたとき、信用に基づく患者の同意を得るために、’一緒に戦って、存在したこと’が必要である」、など

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん撲滅月間、パリでイベント »
« 闘病者に笑顔届けたい 音楽通じてがん治療啓蒙