闘病者に笑顔届けたい 音楽通じてがん治療啓蒙

闘病者に笑顔届けたい 音楽通じてがん治療啓蒙

がんの早期発見、歌を通した処理、およびコンサートを求める動き、および患者を支持する家族と病気人生に対する戦いの奨励(もっとも音楽パーティーでの拡大が関したなどショー)。回復であること。 Musicで有効なyashiはしばしば言われています。 音楽はどこで癌の撲滅を助けることができますか?(takenakabun)

-

「大きな声で歌うなら、それはエネルギッシュになります。 病気人生に対する戦いのためこの微笑をうつ状態の人に送りたいと思います。 」

それは「混ぜられたスターは、コーラスを声に出す」keimou) 活動とテレビタレントを扱うリーダーです。啓発、( したがって、話す癌の治療のKuniko山田。 自ら、また、2007年に乳癌で手術を受けました。
ライブチャリティーは9月9日に千代田区、東京の赤坂東急Plazaで開かれました、そして、約25人のメンバーがエネルギッシュな歌声を発表しました。 山田: ステージから。 時代todayItの「それは’癌の’等号’死ではありません’は私のように癌を背負っている間、すてきに生きるために可能です。」全体の表面は微笑で上告します。 癌の治療を経験したメンバーは、女優のMikiko音無と才能がすべての川原を見るのを導入しました、パワーを持っていた声のため「それは「癌の友人」です」と言って。
性能を聞いた川崎市の主婦とmisao原田(62)「乳癌の治療を受けたシャンソンの円の仲間が入院する予定であったとき、病室で歌うとき、それが意気消沈した表現が軽くなったと思い出されました。 歌には、人を奨励するパワーがあります。 」それは話します。
行動しているセイコーのリー音楽ソプラノ歌手も、撲滅が合衆国に基礎づけた乳癌でチャリティー・コンサートに働いています。 リーは、胃癌のため幼いころ父親に負けて、「病気人生に対する戦いを支持する家族の気持ちはよく理解されます。」と言います。

リーは医療機関などにおける治療のコンサートを開催しています。「聴きたがっている人だけではなく、それを必要とする人にも音楽を送りたいと思います。 ネイチャーと微笑は悲しみが気持ちが徐々に軽くならせる旋律に十分であることを捕らえることができる静かなメロディーからそれを変えるとき聴いている人に残っています。 」。収益の一部によって11日に台東区、東京の東京文化会館小ホールで行われたコンサートにおける乳癌撲滅運動に取り組むグループに寄付される予定です。
2007年に始まった”BRAVE CIRCLE LIVE”は、それが大腸癌の早期発見を求めるコンサートです。 3番目の回の今年は渋谷区の渋谷C・C・Lemonホール、11月5日の東京に保持されます。 働く南長い時代以外にSetsu音楽プロデューサーKazuhiko加藤と歌手のバイオリニストTaroのHakaseと渡辺三郷計画。
癌は多く、特に女性でした、そして、大腸癌は. 2008Inの死因が後援した厚生労働省に関する人口動態統計に従った大部分が非営利団体「ぼやけ前夜の円の運営委員会」を組み込んだということでした。「大腸癌には第一段階の自覚症状がほとんどないので、定期的な診察を受けるのが、必要です。 音楽の身近な存在を通した大腸癌診察の重要性を知って欲しいと思われます。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者ケアで市民公開講座/黒石 »
« 大腸がんを解説