大腸がんを解説

大腸がんを解説

その領域の医師は、分かりやすく、6番目「健康な生活を縞にふいにする」(県の医師と読売新聞福島支店の協会などのように、後援される)が3日に南Soma市の市民文化会館で健康管理に関して開かれたと説明して、60人に関してそれを監査しました。 内視鏡検査のイメージなど、および診察の重要性に伴うテーマが「大腸癌」でしたが、上告されて、内科クリニック(Soma市)が講義したfunabashiの橋のディレクターYuji。
橋ディレクターは「大腸癌は、欧米への食事の変化で増加した生活習慣病でした」と止まる重要性を強調しました、禁煙と食物繊維の多くの食事を取って、動きを改良して。
そのうえ、初期の癌は70%以上があるデータが示されている95%以上で大腸癌の5年生存率に進歩癌を指摘します、そして、他の癌と比べて回復する可能性は高いです。 他方では、定期的な診察の重要性は上告されました。 ポリープはキー突入陽性であった人の30パーセントのサービスの反応によって当たられます。「これを切除するのは癌の防止になります。」というDo。年に一度。相談。重要。電話をしてください。

(2009年10月4日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


闘病者に笑顔届けたい 音楽通じてがん治療啓蒙 »
« 山田邦子、「ピンクリボン」イベントに登場