在宅緩和ケア充実を

在宅緩和ケア充実を

それは「注意してください」というテーマで講演会です。そうするかどうかは、良いです。願望がわかるためにまさしくそのである、「それが死のときに静かに場所に使用された場所に住みたいと思います」–医療と福祉の専門家が生命を維持する「ホームパリアティブ・ケア」の増進は県の中の家のなどで回復する末期ガンの患者などから要求されます。 見るのに関して理解を深める講演ミーティング) 取りが保持されて、市民などの約100人が参加した、(在宅3日の金沢都市では、見ます。
センターの緩和剤の注意サポートなどが後援した県の家、および講師として講演会に勤められたNPO法人「在宅ホスピス宮崎」(宮崎市)他の市原美浦理事長。 このNPOが人影のない民家を使用するホスピスを経営したので、それが大いに戻る、家へ帰るために同様の状態で介護の負担を帰着させることがないことができる患者から死を受け取ります。 認知症がテナントで複雑であると言われていて、病院と施設からも受け入れることができない末期ガンの患者がいます。
市原理事長は、通常死まで同じように人生をする重要性を強調して、「家族がそれに堪えるので、残された家族が注意する時点で後悔を出ないのは、重要であること」で話しました。

-

2007年に癌で県の中で消え失せた県の健康推進課によると、それは3225人です。 94.1%は死亡地域の病院でした、そして、家は3.1%にすぎませんでした。 県は緩和剤の注意が金沢のセンターを支持する県の家を設立します。県の終わり08年間の4月の協会病院(金沢都市)。 できた状態で支援態勢を強化して、心配の相談と回復における普及などに救われて、家を回復するそれは始められました。
家のパリアティブ・ケアに関連した医師、患者団体の代表などはそれについて講義した後に、行われていたシンポジウムに参加しました。 「家の回復を担当した医師とスタッフは、不十分であり」、「退院して、転院をしたとしても、パリアティブ・ケアのためにくぎりなしで提供されるシステムを維持します」。問題が相次いで来ると指摘する声。
(2009年10月5日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


早期から緩和ケアを 金沢で北陸がんプロ講座 病院、家庭の連携重要 »
« 簡便な血液検査で大腸癌(がん)を検出