簡便な血液検査で大腸癌(がん)を検出

簡便な血液検査で大腸癌(がん)を検出

それは、研究による便利な血液検査によって大腸(結腸直腸)癌(癌)が検出できた可能性が非臨界であることが示されたヨーロッパの癌学会(ECCO)とヨーロッパの臨床の腫瘍社会(ESMO)協力会議で発表されているのが、2であるということであり、ドイツとベルリンで持ちこたえました。
ベルギーと最初の研究を導いたOncoMethylome Sciences onkomechiro-ミュー科学会社(君主リエージュ)のヨーストLouwagie博士は688人の血液検体を大腸癌が193人の大腸癌患者と大腸内視鏡検査によって認められないで、癌に関連した様々な遺伝子を調べたところに集めました。 その結果、それはSYNE1とFOXE1の2つの遺伝子が大腸癌患者によって多量に見られましたが、ほとんど見られるべきでない大腸癌にかかっていなかった人を出しました。
この点検の感度では、(癌が正しく判断できた比率)、58%、および特異性(それが癌でなかったならば正しく判断できた比率)は90%でした、そして、それは56%感度であり、特異性は別のグループで91%でした。 それは41%感度をもっている早い大腸癌患者の小さい安値であり、特異性は80%でした。 Louwagieさんはこの点検のためにそれでとは言わないまでも容易に手際よく受けられた点検が、大腸内視鏡検査と便潜血検査の代わりにそれになるのに応じて新しい選択になる可能性を持つ方法を説明しています。 研究グループは、自分達が今年(2009)の7,000人の終わりに意図する試験の実行を計画すると言います。
2番目の研究では、遺伝子S100A4は、調査のためにドイツでウルリケ・シタインさんを導いたチームとECRC shariteが185人の直腸癌患者、190人の直腸の癌患者、および91人の胃癌患者以外に腫瘍なしで51人の血液を集めるCharite医科大学(ベルリン)であると仮定しました、そして、転移を促進するのは調べられました。 患者から高いこと以外に癌の種類にかかわらず癌患者で重要なあるコネが評価するmetastasisIn添加、さんを持っていないS100A4の結果メッセンジャーRNA(mRNA)の転移を持っている患者の高価になりまで; シタインは、高く転移が初期のときに見返されて、処理で実施できるのを来る可能性のためにも合われていた患者のような最初の点検におけるS100A4値から患者までの転移が存在する高い公算で患者を指定する説明です。
大腸癌は想定されて、17人というその1人が人生を契約するということです。 大腸内視鏡は非常に高い感度がある検査方法ですが、生体内侵入性は高いです、そして、また、便潜血検査には、それに抵抗するのがサービス検体を医師に提出するのに必要であることを覚えている患者がいます。 研究グループは、血液検査が実行から大腸癌の血液検査が選別を受ける比率の改良に既に多くの試験で導くかもしれないと説明しています

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


在宅緩和ケア充実を »
« 乳がん検診 忘れずに 富山で県など呼びかけ