胃がんの再発7割予測…国立がんセンターが新システム

胃がんの再発7割予測…国立がんセンターが新システム

部、Hiroshi佐々木自身では、国立がんセンター研究所の総支配人は70パーセントの確率での胃癌を作動させた後にぶり返しで予測できるシステムを開発しました。 それが作動した後に、隣接している腹膜への転移が見つけられる多くの例で胃癌の再発防止の役に立つと予想されます。
10万の推定の人の全の国の胃癌患者の中で作動する前に、転移した癌が、操作の後に見つけられる「ぶり返し」は3–40パーセント全部です。 胃に隣接している腹膜への転移は原因の半数以上を占領します。 小さい癌細胞を見つけるのを逃します、そして、胃癌を取り除く前に、顕微鏡で転移の存在を調べましたが、それは数年後に再発するでしょう。
総支配人の佐々木の他は特徴リボ核酸(リボ核酸)のため腹膜セルにおける胃癌を固く守る材料と存在を区別する装置を開発します。 36人は、それを調べることの結果、癌細胞が顕微鏡によって当たられたすべての34人の患者に加えた顕微鏡で作動した後に、191人の進歩をしている胃癌患者の上では、積極的な反応がこれを使用することによって消えていたのがわかりませんでした。 それは、年で合計で70を4番目に再発させた52人です。 再発患者は全体で下ることを75人、およびその70パーセント予想できた計算になります。
「胃癌操作が腹膜の抗ガン剤処理と共に使用されるなら、まだ腹膜の癌の位置を指定できないので、取り外しは難しいのですが、ぶり返しは静まります。」と、総支配人の佐々木は話しています。

(2009年10月5日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん検診 忘れずに 富山で県など呼びかけ »
« 在宅ホスピス:それぞれ、がんの伴りょみとり再婚…西宮の夫婦、体験を絵本に /兵庫