在宅ホスピス:それぞれ、がんの伴りょみとり再婚…西宮の夫婦、体験を絵本に /兵庫

在宅ホスピス:それぞれ、がんの伴りょみとり再婚…西宮の夫婦、体験を絵本に /兵庫

死を作る心とそれとしての州があります。描かれます。 「Ibiranosumuは収容します」
それはそれぞれで会いました。伴走します。 それの後のryowo家は、癌、再婚した西宮市の大きいyachou、(47)夫婦が完成したtsumakeiko、および最近絵本のriyasushi吉田(60)のため在宅ホスピスで実体験を引き起こした「Ibiranosumuは収容すること」が、完成したことに注意しました。 Riyasushi「人に触れられて、それが表現されたように、だれが議論好きで開眼している内容ではなく、死と家族の心を作ったかは表現されました。 分かりやすいので、それは若い人でも手のためにそれが欲しいです。 」それは話します。 【津久井】

Riyasushiは99における白血病のため前妻を失いました、そして、恵子は03における食道ガンのためそれぞれ元夫を失いました。 メールによるコミュニケーションは点検のようにスタート恵子から始めました、そして、それは05でそれを設立する前に、riyasushiが病気人生に対する妻の戦いをつづったホームページを再婚させました。
夫と2人の息子と同居する女性が、白血病のため入院するので、絵本は始動します。 徐々に弱る女性は、それが家で死を受けて、家族が待つ家に戻ることを望んでいます。 次に、家族の間のちょっとした喧嘩は新鮮であると感じられます、そして、また、食欲は沸騰しました。 死では、家族はそれが、女性の意志を尊重するのからだれが延命治療を拒否するかわかる場所に話を終わらせます。 「いびきとゆったりおならをされることができること」があるriyasushiの鋳造は「それをいじめます」。 恵子はriyasushiに関する文に角皮素イラストを担当しました。
妻が返されると決心するまでほっそりしている心について触れられて、家へ帰るのが言われたか、riyasushiは過去に在宅ホスピスのガイドブックを発行しましたが、またはそれは自信がありませんでした。 病院の絵本の形を取ることによって退出仕上げにしない経験であったと言いたがっていたと言われていますが、人の人生との関係は機能アップされます。
「在宅医療の販売促進のisamubi記念基礎」の補助金を得ます、そして、それは、今年の7月にそれを発行します。 評判は医療機関などに4000を分配している間、くちづてに広がっています。 , そして、4000の増刷が新たに準備されます。 それは無料ですが、原則は1つの貢献として500円を集めます。 問い合せはさん/さんです。 吉田家(0798・65・2201)。
阪神バージョン

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


胃がんの再発7割予測…国立がんセンターが新システム »
« 温熱療法:患者にやさしい、がん治療法導入--奈良・西の京病院 /奈良