温熱療法:患者にやさしい、がん治療法導入--奈良・西の京病院 /奈良

温熱療法:患者にやさしい、がん治療法導入--奈良・西の京病院 /奈良

それは県の個人病院で1番目です。癌の治療効果を予想できます、そして、処理としてわずかな副作用で注意を向けられる「温熱療法(温熱療法)」は、奈良市の町で「医療法人のヤスシ慈善協会西の首都病院」で5日にArticle6を始動します。
県の個人病院における最初の序論。 高周波。使用します。熱。弱い。キャラクタ。持っています。癌。セル。暖かくすること。それは正常組織を破損しない特徴ですが、destroy.The心身の負荷は患者に寄りかかりません、そして、外科的治療法、化学療法、および放射線療法などのような過去の治療法と比べて、どんな即座の効果もありません。

1つの処理: 約40–45分間。 6回か、より絶え間なく扱うのは、望ましいです。 ヘッド以外のすべての部品の癌を治療されることができます、そして、また、保険は適応します。 高いhiyasushishin理事長「簡単な治療法患者は快くなることができます。 私は、必ず、一度温熱療法で処理を調べて欲しいと思います。 」それは話します。 【oka**まれな津】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


在宅ホスピス:それぞれ、がんの伴りょみとり再婚…西宮の夫婦、体験を絵本に /兵庫 »
« 乳がんの早期発見・治療学ぶ