乳がんの早期発見・治療学ぶ

乳がんの早期発見・治療学ぶ

を後援するのは、我慢強い乳癌(癌)「ピンクのリボンフォーラム2009by Kirara」=ファンクラブKiraraや乳癌に関する知識を深めた中国新聞社などの市の中区広島に建てて、4日に分かる中国の新聞でした。 約400人は最新の治療法、早期発見、および扱われた重要性を学びました。
県の広島の8人の専門家が防止と診察方法を説明して、中国の労災補償病院(呉市)のなどSurgeonヘッドMamoru高橋は、「定期的に非常時に備えて胸部X線写真診察を受け取って欲しいです。」と呼びました。

(41) = 東地区=は、会社従業員の久保の前の子供川内の意見が経験に基礎づけた35歳での乳癌で手術を受けたと発表します。 「乳癌は人間ではありません。 考え、確実に’Iになる前の早期検診、’」それは上告されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


温熱療法:患者にやさしい、がん治療法導入--奈良・西の京病院 /奈良 »
« 11・8白血病からの生還!ノブ・ハヤシがカムバック