生ごみから新たな抗がん物質 能美・バイオ技研など

生ごみから新たな抗がん物質 能美・バイオ技研など

生物工学科がそうするバイオテクノロジーテクニック実験室産業(能美市)と富山県立大学工学部のYasuhiro五十嵐教授などの研究グループは、ゴミプロセス・タンクの微生物が5日までに発生させた材料から癌の転移を抑圧した動作で新しい化合物を発見して、国際特許に申し込みます。 この化合物は副作用を引き起こす細胞毒性が弱いという考えです、そして、新しい抗ガン剤の開発の使用は予想されます。 研究成果は、7日の横浜都市で開かれた「バイオテクノロジー日本2009」によって発表されます。
バイオテクノロジーテクニック実験室産業が開発した有機的なゴミの処理システムから作られた堆肥(taihi)から判断すると、微生物は放線菌の種類で使用されました。 ゴミをかき立てて、分解している間微生物が化合物を発生させたと言われています。
癌細胞の動きを制御する働きが、確認されて、微生物が作り出す化合物でセルを実験するとき、癌の転移を抑圧する可能性があるのが理解されます。 そのうえ、正常細胞の運用が不安でないので、副作用がわずかであると思われます。
教授に応じて以前同じプロセス・タンクの中で見つけられた別の微生物が、五十嵐を発生させるという化合物と比べて同じ動作が1/20の密度でさえ得られると言われています。
研究は、バイオテクノロジーテクニック実験室産業のMiyanoの中でKoji社長によって五十嵐教授からゴミ解決微生物他の新用途を捜し求めるよう要求されて、2007(2007)時代から始めました。
五十嵐教授: 短期間の結果に。 「大きい可能性が発酵堆肥の中の微生物にあります。 絶え間なく研究を唱えたいと思います。 」それは話しました。 社長はMiyano他の中で積極的に試みています。 , 「有効にオリジナルの発酵技術を利用して、製薬会社などで共同研究を唱えたがっています。」と言います。 , 「そして、新しいことの開発につながるのは投薬されます。」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


かんぽ生命、がん保険の年度内発売困難に 郵政見直しで発売断念も »
« 大酒の女性に多い乳がん 閉経後、週7合で1・74倍