大酒の女性に多い乳がん 閉経後、週7合で1・74倍

大酒の女性に多い乳がん 閉経後、週7合で1・74倍

愛知県のがんセンター実験室の疫学と予防部のTakashiwa川瀬主任研究員は、それについて傾向があるのが6日までに多量の日本酒を飲んだ女性の乳癌になりやすいと確認しました。 閉経後の女性にとって、1週間後に酒の変換で7つ以上の組み合わせを飲むだろうときの攻撃率は、全く飲まなかった人の1.74倍でした。
乳癌は最近、女性の多くの癌のため急速に増加します。 Hideo田中疫学と研究グループの予防部の指導官「酒と乳癌との関係は欧米で指摘されましたが、この研究による更年期の後の日本人の女性さえ明確になりました。 あなたは、乳癌を予防するために多量の日本酒を控えるべきです。 」それは話します。
研究グループは愛知県のがんセンター病院の乳癌と診断された1754人と乳癌は診断されなかった3508人の女性を分析します。 乳癌の攻撃率は一般に、これまで以上に飲んでいる間、上昇していました。 この傾向はほとんど50年ものの更年期の後に顕著な更年期の前の女性で明らかにされませんでした。
時々飲んだ女性は、1.39回と. 1として酒を飲まなかった女性をして、酒の変換における週に7つ以上の組み合わせを飲んだ女性が、1.74回であった1.24回が乳癌の発病であったならば少し飲まれて、更年期の後に評価する女性でした。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


生ごみから新たな抗がん物質 能美・バイオ技研など »
« かんぽ「がん保険」暗礁 民営化見直しで認可ストップ