がん患者就労支援、ノウハウ本を出版

がん患者就労支援、ノウハウ本を出版

癌患者を働かせるのによる最初のノウハウの本「癌で、働きましょう。 扱っている間、働くKnack–」しかしながら、準備は、来年の5月に公表を目的としながら、高度です。
癌を経験した約30人の職業の人々以外に癌の処理薬とビジネスコンサルタントは書くことに参加します。 現役の会社は人、産業医、および人事部長にも苦痛を与えます: 職業人に。 これらの癌の経験豊富な人々は就業する苦労小説に関して率直に話します、そして、癌を治療している間、働き続ける具体策を贈ります。 テーマは癌患者がそのように公衆にとって知りたがっている正しい働く*雇用側の考え*オフィスで*wa-kinguguzzu、ヒント*保険を使用する人生、およびコミュニケーションの社会保障のシステムの芸術を大いに開きます。 Na後退してください。 .

それの後に、作家が単独で癌患者の始めの仕事上の立場を調査した桜井は、病気(収縮)、我慢強い経験が改造する3あたり1つを契約して、naomisanに応じて、鞍替えしています。 「患者と雇い主のコミュニケーション不足は原因です。 多くの癌患者が始めの仕事連続を期待しています。 公表が有用であるなら」。問い合せは癌が日本、およびさん/さんを捕まえるということです。 桜井(03・5840・6072に電話をします)。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【健康】ピンクリボン 年齢に応じ検査を »
« がんのイメージ療法を解説