県内市町村、継続求める声 国のがん検診クーポン券事業

県内市町村、継続求める声 国のがん検診クーポン券事業

政府が子宮頸(Kei)癌と企業を本年度に初めて乳癌診察させた自由なバウチャーの分配は年度2010にさえ続けられているか、それがわずかな状況です。 厚生労働省の理由は、事業費が含まれているところで鳩山の新しい政権が概算要求を取りやめたということです。 ビジネスが実行される県の徳島の自治体は強いです。連続、および新政権予算編成の10年度に関する賃金注意を要求する声。
ビジネスに関して、公共の政権は年度2009に追加経済対策の一部として補正予算へ216億円まとめます。 全額支援を受ける自治体は、それを実行します。 期間は6月の終わりですか?自治体は、来年、3月終わりの本質の0.5年間実行時間について決めます。
子宮子宮癌は女性です。年度2008に転機のサイを受けて、20、25、30、35であり、40歳である物であり、乳癌は40、45、50、55、および60歳です。 県の物の人々は、2万3213人の子宮子宮癌の人々と、2万8996人の乳癌の人々です。 既に24の自治体にバウチャーと必要性を書いた診察紙入れ、診察の医療機関などを郵送しました。
公明党は明確に衆院選に関する宣言書における、バウチャー分配の連続について説明します。 ビジネスの継続性は公共の政権で規定された針路でした。 厚生労働省も、10年度に概算要求から199億円を要求していました。
しかしながら、それが概算要求を見直す鳩山幸雄首相が宣言する、政府機関ゼロが基礎づける各省。 衆院選3で委任と合意に沿って政府与党が優先順位を再検討して、15日までにそれを集めるためにパーティーへ行くと決められました。 それは具体策に触れていません、そして、民主党は委任における、癌の診察の相談のシステムの維持を列挙しましたが、ビジネスの継続性の見通しは不明瞭です。
物の人のメールと県の9月25日の両方の診察のための1万7833人があるメールによるバウチャーの多くの徳島市。 また、物から外れる人からの問い合せ、「あなたは、来年度に続くでしょうか?」があると言われています。 7月の終わり–来年の1月終わりがクーポンの有効期間であると仮定した鳴門都市「私は、市民サービスのために続いて欲しいと思います。 政権交代によって制御されるためにビジネスの居場所を満足できるようにしません。 」解決は疑問に投げられます。
県は、のろく、予想されています、また、もっとも、ビジネスの継続性が’07年に診察速度向上を目的とする19%が目的としている乳癌17%と子宮癌は、診察のときに国のそばで県のそばでは、50%を評定します。 県の健康な改良部は、「それを実行しないなら、すべてのメンバーで広まりません、そして、それが最も低くても、また、不公平感は5年間出て来ます。」と仮定します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんのイメージ療法を解説  »
« センダン原料に犬猫のがん抑制 根路銘氏、サプリ開発