生物資源研究所:センダンにがん抑制効果 犬猫用のサプリ販売

生物資源研究所:センダンにがん抑制効果 犬猫用のサプリ販売

要素で県の中に自生する栴檀の葉からそこにそんなに抽出されていた状態で、生き物からの犬と猫の癌を制御するという効果がリソース実験室(根の道路署名国の名護市とヘッドAkira)研究であることが理解されます。 研究成果は5日に那覇市の沖縄の産業サポートセンターで発表されました。
9種類の犬の癌と猫の2種類の癌で実験したなら、リソース実験室当然の生き物に従って、成長はすべての癌に制御されました。 臨床実験は、副作用であり、実験された動物病院にほとんど効果を獣医の80パーセント認めません。
共同製薬(osuhirakoso岡本の東京とヘッド)は以来獣医のために健康で、補っている補足「inunekoのための栴檀α」として葉から抜粋された(30mlから、入ります)要素を希釈する液体を販売しました。 原料の栴檀は県の中で育てられたものを使用します。 同社は1年あたりの6000年の販売を目的としています。 しかしながら、どの要素が癌に影響したかを理解していないので、薬への作成の見通しは現段階に立ちません。
根の道路署名ヘッド「そこでは、それが既存の抗ガン剤より効果的である、副作用でない、どちらか。 また、市場を独占できる可能性があります。 それは、産業が少しである沖縄の成功を予想できる植物です。 」それは話しました。 栴檀は栴檀部の落葉広葉樹です。 それは日本に南西諸島に亜熱帯地域の熱帯から広く分配された植物で主として自生します。
(琉球新報)

2009年10月6日

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


センダン原料に犬猫のがん抑制 根路銘氏、サプリ開発 »
« ハリポタの「マクゴナガル先生」、乳がん闘病を語る