ハリポタの「マクゴナガル先生」、乳がん闘病を語る

ハリポタの「マクゴナガル先生」、乳がん闘病を語る

【10月6日のAFP】女優マギー・スミス(マギー・スミス)(74)は2年間乳癌の病気人生に対する戦いに関して5日に関するイギリスの回(回)の紙と話された映画「ハリー・ポッター(ハリー・ポッター)」シリーズの副校長makugonagaruでなじみ深いです。
それがさん/さんですが、現在当惑させるべき信用が全くないと言われています。 スミスは医師とステージへのリターンに完治を言いました。
「病気は人を倒します。 映画はさらに疲れていますが、また、舞台に戻るのが、可能であるかどうかは、理解されません。 舞台に出かけるのは、怖くて、不安です。 それがしばらくしないので」

さん/さん さらに塊が昨年胸に見つけられたとき、スミスは、話しました。
「私は、それが少し奇妙であると思いました。 塊が数年前に見つけられたとき、私は、良かったので、それが重大な方でないと思いました。 私は、それが今回良かったと思いました。 」

「どの信用が壊れるかから、感じます。 それは将来、分からないでしょう。 それがもう若くないので、多くがこれを超えて待たないと思われます。 」

さらに、それは今年の夏に公開された’ハリー・ポッターと謎のプリンス(ハリー・ポッターとHalf-Blood王子)’について写真を撮ることに関して率直に話しました。
「髪は外れました。 ヘアピースを提供するのにおいて問題がありませんでした。 それはゆで卵のようにヘッドでした。 」

さん/さん スミスは、その人が、手すりにつかまっている間、「もう続くのは、可能でない」と化学療法によって非常に不快にして、考えたと言います。
それは、そのようなさん/さんであったのにもかかわらずの、「よろめかせられること」の場合にさえ参加する予定であったというシリーズの最終的な仕事’ハリー・ポッターと死の秘宝(ハリー・ポッターと死の秘宝)’の写真を撮りながら、話されました。 スミス。 写真を撮ることの間の病気に対する戦いを忘れたがっていると言われています。
私は、この数年が’能無しでした’が、それが現在人間らしくなると考えます。エネルギーは戻りました。不運は起こります。「あなたであれば、私を取り戻さないでください」

さん/さん スミスは英国アカデミー賞における主で最も良い助演女優賞を入手します、そして、二度5度の勝利とオスカーを入手します。 特に1969年の’ブローディさんの若者(ミスブロディの青春)’によるオスカー獲得は有名です。 (c)AFP

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


生物資源研究所:センダンにがん抑制効果 犬猫用のサプリ販売 »
« がんを生きる:/47 大隅さん夫妻/上 告知から1年、愛妻の死 /大阪