骨肉腫と闘う:/11 体を動かす楽しさ、しみじみと=社会部・佐々木雅彦 /大阪

骨肉腫と闘う:/11 体を動かす楽しさ、しみじみと=社会部・佐々木雅彦 /大阪

もう突然落ちられると最初の涙がクールな道に関する2月20日が上司にメールを書くべき時間です、その「迅速なリターンにおける目的」を言って。 現状を受け入れましたが、遠い退院するまでの道に実際に感じがあるとき、それにアプローチしました。 かきまぜられる精神力は、抗ガン剤が昨年病気になるまで明るみに出た後にその前の12月の日を管理し終えたことによって壊れたように思えます。
もっとも、終わったしたたりが、取り消されたとき、寝不足は21日に無気力になりました。 食事が見られるとき、それは気分が悪いです。 それは便秘するようになりました、そして、ボディーの内部の歯車は止まったように思えます。 予約してください。そして、集中が続けることができない、読まれます。 それが呼ばれて、看護師は、「それに耐えるのなしで言われ」て、話されたエネルギーを持っていませんでした。
それは結婚記念日における22日に妻(44)から手紙をもらいます。 「2人の新しい歴史を彫りましょう。」 「目は潤されます。」 それは涙もろくなりました。 25日に社内の定期異動について非公式に通知されました。
同じ年級における会社が大いに動かす接合。 その人は、「故意にそれを治療してください」と言いますが、上司は左の気持ちになります。

それは自然が24日に解決したその状況でリハビリテーションでした。 私は心からボディーを動かした幸福を感じました。 <社会部とMasahiko佐々木(43)>

毎日新聞2009年10月6日地方版

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:/47 大隅さん夫妻/上 告知から1年、愛妻の死 /大阪 »
« 公開講座:ホスピス・緩和ケアって何? 10日に理解深める講座--近江八幡 /滋賀